電子工作キット、工作部品の通販店 マイクロ電子サービスオンラインショップ 【送料290円〜】

電子工作キット、工作部品の通販店 マイクロ電子サービスオンラインショップ

鉄道模型自動運転キット ATORM DX2


鉄道模型自動運転キットATORM 鉄道模型自動運転キット ATORM DX2

当キットは、鉄道模型自動運転キット『ATORM』のバージョンアップ版、『ATORM DX』の単線ループレイアウト版です。2列車を同時に制御ができ、線路の切り替えポイントの制御もできるようになっていますので、単線で同時に2列車を動かすことができ、使用できるレイアウトの幅が広がります。

商品の特徴 1.2列車を同時に制御可能に
2列車制御

弊社の鉄道模型自動運転キット【ATORM】では、1列車のみの制御となっていました。【ATORM DX2】は2列車の制御が1つのキットで可能になります。また、単線での2列車の運用が可能になりました。お持ちのレイアウトにあった動作パターンをお選びいただき、よりリアルに臨場感あふれるレイアウトに仕上げてみてはいかがでしょうか。

2.ポイントを自動で制御
ポイントの接続

【ATORM DX2】ではポイントの切り替えを自動で制御できるようになりました。


使用できるポイントについて
本キットでは2線式のものが使用できます。従来の3線式は使用できません。また、両渡りポイントなど、複数の先端軌条を動かすポイントは対応出来ない場合があります。単独のポイントを使用してください。


本キットの動作

A:1駅ループ 交互発車
Aパターンのイラスト

駅からM2側に停車している電車が発車し、ループして駅のM2側に停車します。次にM3側に停車している電車が発車し、ループして駅のM3側に停車します。以上の動作を繰り返します。

B:1駅ループ 行き違い
Bパターンのイラスト

駅からM2側に停車している電車が発車し、右方向にループして駅のM2側に停車します。次にM3側に停車している電車が発車し、M2側とは逆に左方向にループして駅のM3側に停車します。以上の動作を繰り返します。

C:1駅ループ 交互発車 中間駅
Cパターンのイラスト

駅1からM2側に停車している電車が発車し、ループする途中で駅2に停車します。一定時間停車後して駅1にむかい駅のM2側に停車します。次にM3側に停車している電車が発車し、ループする途中で駅2に停車します。一定時間停車後して駅1にむかい駅のM3側に停車します。以上の動作を繰り返します。

D:1駅ループ 行き違い 中間駅
Dパターンのイラスト

駅1からM2側に停車している電車が右方向に発車し、ループする途中で駅2に停車します。一定時間停車後して駅1にむかい駅のM2側に停車します。次にM3側に停車している電車がM2側とは逆に左方向に発車し、ループする途中で駅2に停車します。一定時間停車後して駅1にむかい駅のM3側に停車します。以上の動作を繰り返します。


センサーとの接続

本キットは最大8つのセンサーと4つのDCフィーダー及び2つのポイントを接続して使用します。
下図はAパターンの動作に適したセンサーの配線図です。
動作については『本キットの動作』を参照して下さい。
各ポイントと各センサーの位置でタイミングを調整して設置して下さい。

Aパターンの例
Aパターン配線のイラスト

本キットは接点入力(リードスイッチ等)を接続出来ます。
さらに、オプションの「車両センサーユニット」を使用する事でCDS光センサーに対応する事が可能です。

.蝓璽疋好ぅ奪舛両豺

本キットのセンサー1,2の端子にリードスイッチを接続して下さい。
リードスイッチを線路に設置し、車両に磁石を取り付ける事で検知します。(右図参照)
磁石とリードスイッチの取り付け方向と距離を調整して下さい。


TOMIX TCSセンサーの場合

TCSセンサーのケーブルからコネクタを外して先バラにします。(右図参照)
本キットのセンサー1,2,3の各端子に右図に対応するケーブルを接続して下さい。
尚、本キットではTCSセンサの方向別検知に対応していませんのでセンサーはどちら向きでも良いです。

J声 車両センサーユニット(オプション)の場合

本キットのセンサー1〜4の各端子を車両センサーユニットのOUT1〜4にそれぞれ接続して下さい。
各センサーとの接続は車両センサーユニットの説明書をご覧下さい。

DCフィーダーの接続

本キットのM1〜M4端子にDCフィーダーのコードを接続して下さい。

ゥ櫂ぅ鵐箸箸寮楝

本キットのP1、P2端子にポイントマシンのコードを接続して下さい。


動作の調整

そなえつけの可変抵抗を調整することにより、停車時間の調整などが出来ます。

VR1・VR6 最高速度 発車後の速度
VR2・VR7 減速速度 減速センサー通過後の速度
VR3・VR8 停止レベル 停車中電灯の明るさ
VR4 加速率 加速・減速の度合い
VR5 停車時間 駅での停車時間


仕様

電源電圧 DC12V(ACアダプター内封)


回路図

鉄道模型自動運転キットプリント基板(表) 鉄道模型自動運転キットプリント基板(裏)

鉄道模型自動運転キット回路図

セット内容

鉄道模型自動運転キットセット内容

(1)専用プリント基板 … 1枚
(2)制御IC (PIC16F877A) … 1個
(3)ICソケット(40ピン)…1個
(4)IC (74HC4053) … 1個
(5)ICソケット(16ピン)… 1個
(6)IC (L298N) … 2個
(7)IC (TA8428K) … 1個
(8)IC (7805) … 1個
(9)トランジスタ (2SA1015) … 1個
(10)トランジスタ (2SC1815) … 6個
(11)抵抗内臓トランジスタ (FJN3302) … 1個
(12)セラミックレゾネータ(20MHz) … 1個
(13)抵抗 (10KΩ) … 21個
(14)抵抗 (1KΩ) … 1個
(15)酸金抵抗 (0.51Ω) … 4個
(16)可変抵抗 (10KΩB) … 8個
(17)ディップスイッチ … 1個
(18)ダイオード … 16個
(19)積層セラミックコンデンサ (0.1μF) … 6個
(20)電解コンデンサ(2200μF) … 2個
(21)電解コンデンサ(22〜47μF) … 6個
(22)LED(赤)3mm … 1個
(23)DCジャック … 1個
(24)トグルスイッチ … 1個
(25)なべビス(M3×6) … 6個
(26)スペーサ … 6個
(27)ACアダプター(DC12V) … 1個


部品が壊れても一個までなら無料保証! 専用プリント基板だから、回路図が読めなくても作れる! 初心者でも大丈夫!はんだごて図解マニュアル付き 車両センサーユニット(反射式)" 【完成品】鉄道模型自動運転キットATORM 鉄道模型自動運転キット ATORM DX1

ご注文


鉄道模型自動運転キット ATORM DX2
型番 MK-M03
定価 19,800円(内税)
販売価格 16,800円(内税)
購入数



この商品を買った人はこんな商品にも興味を持っています



車両センサーユニット(反射式)

なりきり駅アナウンスキット(東日本風駅アナウンスver)

なりきり発車ベルキット(シングル)・ボリューム調整機能付き


ご利用に関するご案内

【会社概要】

株式会社マイクロ電子サービス [地図]
〒880-0211
宮崎県宮崎市佐土原町下田島19370
TEL:0985-73-0531
FAX:0985-73-6829
お問い合わせフォーム

【お届け日数について】

営業時間内のご注文につきましては、即日もしくは翌営業日に商品を出荷致します。
ただし、大量のご注文を頂いた場合、商品の発送に多少のお時間を頂く場合がございます。
その際は、追って出荷日のご連絡を致します。

【送料・配送について】

配送は、定形外郵便・ゆうパック・レターパックプラスのいずれかの発送方法をお選び頂けます。

商品名料金代金引換追跡番号時間指定お届け日数
定形外郵便 290円 × ×

あて先の郵便番号

  
レターパックプラス 510円 × ×
ゆうパック 610円〜1,340円

【お支払い方法】

お支払いには、「銀行振込」「代金引換」「クレジットカード」をご利用頂けます。
銀行振込の場合、振込手数料はお客様のご負担でお願い致します。
銀行名:ゆうちょ銀行
店名:七三八(ナナサンハチ)
口座:普通 0815775
名義:カ)マイクロデンシサービス
※代金引換をご利用の際は、別途390円の代引き手数料が掛かります。

  • Nゲージ対応商品
  • HOゲージ対応商品
商品カテゴリー 商品検索
商品カテゴリー2
ジオラマを動かす商品
子供向け商品
お店向け商品
プレゼントにおすすめ商品
おもしろ商品
こだわりの商品
はんだ付けが苦手な方におすすめの電子工作キット完成品!
FAXでご注文
取扱販売店
営業日カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

が定休日となっております。商品の発送やお問い合わせにつきましては、翌営業日となっております。


お知らせ・NEWS
ヘルプ・サポート
商品を使った製作例
お客様からの投稿作例